日本語教育関連

日本語教育関連

外国人タクシー運転手と日本語教育

日本で外国人のタクシー運転手って見たことあります?私はこれまで一度も見たことありません。タクシーの車内には名札が提示されているので、運転手が外国人ならすぐにわかるものですが、それでも見かけない。ということは、外国人タクシー運転手の絶対数はまだまだ少ないのでしょう。ただ、東京五輪の関係もあり、インバウンド向けに外国人タクシー運転手を増やしていこう、という流れがあるようです。
日本語教育関連

Uber Eatsにならう日本語教育のUber化

Uber Eatsにならって、日本語教育もUber化できないだろうか。ここでは便宜上、Uber Nihongoと名付けよう。シェアリングエコノミーを基盤にして、Uber Eatsが配達を個人の配達員に任せるのと同じ発想で、日本語教育においても日本語話者に日本語の授業を任せてしまえばよい、というむちゃくちゃなアイデアです。ただ、日本語教育のパラダイムシフトを考えるにあたり、これまでの固定概念を消し去り、新たな常識が構成される可能性は大いにあると思います。
日本語教育関連

ヤブ医者と日本語教育

必要悪としてのヤブ医者の存在意義を整理し、じつは国内の民間日本語学校もヤブ医者的な役割を担っているよね、というお話です。つまり、日本語教育の社会的役割を再定義するお話です。
日本語教育関連

学習環境デザインにおけるオンラインとオフラインの融合と相乗効果

新型コロナウイルスの拡大による影響で、ZOOMやSkypeをつかった遠隔でのオンライン授業が注目を集めています。 バケモノの出現が、業界を変えた 結果的に、コロナウイルスという名のバケモノが、旧体制的な教育業界を解体させ、新しい教育のあり方へと誘(いざな)っているのは、少し皮肉ですね。...
日本語教育関連

withコロナ時代の最新マスク(新しい生活様式)

今日の記事では、これまでのマスクの変遷をまとめ、そして今後、我々人類がwithコロナとして生きていく中で、どんなマスクが理想的かを考えてみたいと思います。これこそが「新しい生活様式」なのでしょう。
日本語教育関連

サヘル・ローズさんから考える日本語教育とポストモダン社会

イランで孤児となり8歳の頃に来日したサヘル・ローズさん。現在は日本で女優として幅広く活躍する彼女の魅力をとおして、日本語教育やポストモダン社会について考えてみたいと思います。
日本語教育関連

日本語教育がラップにディスられた日

磐田市の団地で結成された日系ヒップホップグループ。彼らが一躍スターダムにのしあがることで聴こえてきたマイノリティの「声」。そして「団地」という抽象概念の中に隠れたストーリーと日本語教育の敗北に関して。
日本語教育関連

美しすぎるミシェル騎手と日本語教育

日本に恋したフランス人騎手のミシェルさんが、日本に活動の拠点を置くためJRAの騎手免許試験を受験予定。その試験合格のために必要な日本語教育は、日本語と専門領域をいかに混ぜ合わせるかです。ミシェルさんの合格を陰ながら応援しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました